院長紹介

ご挨拶

こんにちは。当クリニックのホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。院長の栗木安弘です。

私は約17年間、大学病院ならびに一般病院の皮膚科に勤務し、皮膚の異常を訴える患者さまの診療を行ってまいりました。その中にはあらゆる治療を試してみてもなかなかよくならない患者さまも実際おられ、医師としての無力さも痛感しました。

そんな苦い経験から感じたのは、皮膚科医は皮膚の異常だけに目を向けた治療のみではなく全身に目を向けた皮膚科診療を行わなければならないということでした。

古くから「皮膚は内臓の鏡」という言葉があるように、体の内面が健康であれば外面の皮膚も健康であったり、逆に体の内面に調子の悪い部分があれば皮膚にも調子の悪い部分が出てきたりするということをよく経験します。こういったことから皮膚の健康を取り戻すには体の内面から健康にしていく必要があると考えております。

プロフィール

昭和44年 奈良県生まれ
平成6年 愛知医科大学卒業、兵庫医科大学皮膚科入局
平成8年 市立伊丹病院皮膚科
平成9 年 兵庫医科大学皮膚科
平成12年 医療法人明和病院皮膚科
平成22 年 甲子園栗木皮膚科クリニック開設

資格

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

趣味

読書、映画鑑賞、海外ドラマ視聴、栄養療法、ホラーゲーム、掃除

院長ブログ随時更新中、ご覧ください。

当クリニックのマークについて

マーク当クリニックのマークは「全身が健康な人」を表しています。いつまでも若々しく、元気が沸き上がってくるような健康な皮膚と心と身体を取り戻して頂きたい。

患者さまと共に「きっとよくなる」ことを心に願いながら、丁寧な診療と分かりやすい説明、正しい医療知識をご提供するように努めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社MSS オーソモレキュラー研究会 ambrosia 乳酸菌生成エキス アルベックス