ブログ

2020.07.06

アトピー改善

こんにちは、院長の栗木安弘です。

患者さんはは10代後半の女子で、小学生からアトピーでした。
市販の塗り薬、プラセンタなど使用していましたがあまり良くならなかったそうです。
クリニックでは、ヘム鉄、亜鉛、ビタミックス、ナイアシンなど月の予算は15000円くらいで調整して栄養療法を継続しました。
外用は基本プロペトかヒルドイドで、悪くなれば時々ステロイドを使っていました。
その後は、一進一退を繰り返し、約3年かけて徐々に良くなっていきました。
皮疹はまだ少し残っていますが、
「汗をかいてもかゆみは減った」「ナイアシンはやる気が出る」
と明るくおっしゃっています。
改善した理由として、
 根気よく定期的に受診していた
 少ないながらもサプリメント継続(フェリチンは28で2年後は88)
 アトピーで悩まず、あまり気にしなかった性格
ということかもしれません。
教科書や論文以上に、日々の診療で患者さんから学ぶことはとても多いです。

株式会社MSS オーソモレキュラー研究会 ambrosia 乳酸菌生成エキス アルベックス