ブログ

2020.09.10

ニキビと栄養

こんにちは、院長の栗木安弘です。

ニキビで血液検査を行う皮膚科はほとんどありませんが、クリニックでは、ニキビの原因を体の栄養代謝の問題として捉えていますので、必要であれば血液検査を行っています。
ニキビを栄養面から考えれば、
 皮脂過剰:糖質過剰、ビタミンB群不足
 毛孔角化異常:ビタミンA・ビタミンD・亜鉛不足
 真皮内コラーゲン脆弱化:タンパク質・鉄・ビタミンC不足
と考えられます。
通常、ニキビにはきめ細かいスキンケアや外用指導が皮膚科で行われていますが、
 「あれもこれもぬれない」
 「スキンケアが面倒」
 「治療をやめると再発」
 「外用剤が合わない」
という方も少なくありません。
やはり食事の見直しや栄養療法を取り入れることで、ニキビの改善だけでなく予防や治療トラブルも防ぐことが可能です。私自身も糖質の取り過ぎで必ずニキビがどこかに発生していましたが、栄養療法を行うようになってあまり出なくなりました。

株式会社MSS オーソモレキュラー研究会 ambrosia 乳酸菌生成エキス アルベックス