ブログ

2022.06.20

抗加齢学会2022

こんにちは、院長の栗木安弘です。

抗加齢学会に出席しました。
皮膚科学会と違って、食事、漢方、健康食品、サプリメント、アンチエイジグなど幅広いテーマで、医師以外の多くの研究者が発表されていました。
発表内容は研究内容がメインで、難しいお話が多かったですが、結局行き着くところは、「栄養や栄養療法かなぁ」という感じでした。
それでも、普段聞けない内容でしたので、結構勉強になりました。
また会場内や懇親会では、栄養療法を実践されている懐かしい先生方にお会いできてよかったです。

2022.06.17

胃酸は多くない

こんにちは、院長の栗木安弘です。

クリニックでは、必要に応じてペプシノーゲン検査(自費)を実施しています。
そして多くの方に胃酸分泌低下を認めております。
胃酸分泌低下は、消化不良や腸内環境の悪化、それに伴う栄養障害(→皮膚トラブル)の可能性に加え、胸焼け、胃痛、胃もたれといった胃酸過多の症状も起こり得ます。

栄養療法を理解されている消化器内科では、胃酸分泌抑剤は必要最小限に留めておられます。しかし多くは「胃酸抑制剤=胃薬」という感覚で、胃腸症状だけでなく、血液サラサラ薬や鎮痛剤とセット処方されることも少なくありません。
消化力の落ちている高齢者にも当たり前のように組み込まれております。

胃酸は、消化だけでなく口から入る微生物の殺菌効果もあり、胃酸を抑えることで感染症のリスクも高まります。また「体にいい食べ物」を摂取しても、胃酸が少ないと栄養は消化吸収されなくなります。
胃酸抑制剤に限らず、薬というのは副作用だけなく代謝の面から理解することも必要です。

2022.06.06

日本皮膚科学会総会2022

こんにちは、院長の栗木安弘です。
土曜日曜と学会に参加してきました。
2日間でしたが、新しい知見や最新の皮膚科治療を学ぶことができて有意義な学会でした。
学会は、病気のメカニズムやお薬の話や使い方が中心です。
最近は高額な新薬が多く、その効果を示すデータや症例紹介が多かったような気がします。
新薬や出るたびに、学会で取り上げられ、ガイドラインが改定され、「今までの治療は何だったん?」と思われる面もあります。今後、医療費削減のためには、従来の安価な薬や治療法の見直し、病気の予防対策も学会で取り上げてほしいと思いました。
また、難治アトピー 、ニキビ、乾癬、子供のスキンケア、皮膚と心身(発達障害やうつ)などが議論されてましたが、ある程度は栄養で解決するようなところもありました。
毎度のことですが、長時間の拝聴、会場まであるいは会場内の移動、荷物の多さ、人混み、蒸し暑さなど学会は疲れます。(学会にはビタミンB群・C、ナイアシンは必須です)

2022.03.30

皮膚外科

こんにちは、院長の栗木安弘です。

皮膚科を選択したのは、手術をしたいという理由もありました。
皮膚科に入局後は、皮膚の縫合や糸結びの練習、手術見学や助手などを積極的に行うなど、皮膚外科専門の先生から手術のノウハウを色々教わりました。
一般病院に勤務している頃は、皮膚腫瘍摘出、熱傷、褥瘡、足の潰瘍などの手術治療をたくさんしていました。このまま勤務医を続けて、手術の得意な皮膚科医のつもりで医者人生を歩んでいく予定でしたが、栄養療法を学ぶようになってから少し道がそれた感じでした。
手術では治らない皮膚疾患を治したいという思いが強く開業に至り、今では皮膚外科よりは栄養が専門となっています。
ただ身につけた技術や考え方は体が覚えていますので、日々の診療や処置の役に立っています。研修医時代に指導して下さった先生には大変感謝しております。

2022.01.07

コロナで思うこと

こんにちは、院長の栗木安弘です。

コロナウイルスも新たな変異株が急拡大しております。
元々コロナウイルスというのは、風邪ウイルスとして認識されており、変異を繰り返すのが当たり前で、変異によって感染力は強くなり弱毒化していきます。
ただ一部のウイルスが強毒株となったり、「風邪は万病の元」と言われるように高齢者、免疫力低下、低栄養の方が重症化します。
インフルエンザ大流行時には大騒ぎしなかったのに、今までも変異を繰り返しているコロナウイルスに関しては、メディアが恐怖ばかりをを煽っているような気がします。
またコロナ関連のサプリメントや栄養素も報告されていますが、なぜかTVはワクチンや治療薬ばかりです。
人は常に感染症との戦いです。感染症を繰り返して免疫を獲得しますが、重症化しないためには自身の免疫力を常に強化することが一番重要となります。

2021.11.22

学会の在り方

こんにちは、院長の栗木安弘です。

学会に参加しました。
Web開催もあって、会場内の参加者や企業出展も少なく閑散としてましたが、
色々な先生方のお話を拝聴すると大変勉強になります。ただ一方で、診断や治療の議論ばかりでなく、もっと予防や栄養についても取り上げてほしいと思いました。
医学の発展という名目の学会ですが、毎年開催されるにも関わらず、医療費や病気は一向に減っておりません。(医療費は私が医学部だった頃の2倍の約40兆円)
学会発表や運営も大変でしょうが、何か内輪だけのおめでたい学会のあり方や内容を見直すことが必要だと参加するたびに思います。

2021.11.02

消化吸収

こんにちは、院長の栗木安弘です。

腸内環境の悪化や腸粘膜の炎症は、アレルギー発症、慢性炎症、膠原病、栄養障害に伴う頑固なかゆみや皮膚のトラブルを生じます。
そのため腸には食物繊維や発酵食品を摂取することが勧められています。
ただ腸はテニスコート大の広さに加えて約100兆個の菌が住んでいますので、食べ物やヨーグルトやヤク◯トだけでは、腸を変えるのは至難の技と思われます。 
胃腸は、
 ①消化力を上げる
 ②胃腸の炎症や修復
 ③腸内環境の改善
 ④有害成分の除去
という対策が必要ですので、がっつり消化吸収力をアップさせるには、目的に合った良質のサプリメントを使用する必要があります。

2021.10.15

上司ガチャ

こんんちは、院長の栗木安弘です。
先日のモーニングショーで取り上げられていました。
上司に当たり外れがあるという意味で、
 部下を人間と思っていない
 責任を部下に押し付ける
 口だけ、手柄を横取り、偉そう
などがハズレ上司のようで、私も研修医の時にハズレ医師が数人いたような気がします。
ただハズレでも腕のいい医師もおられましたので、良いと思った部分だけ吸収して真似するようにしていました。
私自身が尊敬できる当たり上司というのはごくわずかで、やはり共通しているのは偉くなっても常に謙虚で、現場で常に部下と働いている方でした。

2021.08.30

誕生日

こんにちは、院長の栗木安弘です。

今日は誕生日です。
この歳になって今まで大きな病気をしなかったのは栄養療法のおかげかもしれません。
 栄養の正しい知識
 病気と栄養
 サプリメントの理解
これらを勉強することが予防や自身の健康につながることを改めて実感します。
引き続き「栄養と血液検査の深読み」をライフワークとして、
医療のお世話にならないようにセルフケアしたいと思います。

2021.01.26

自宅療養には栄養を

こんにちは、院長の栗木安弘です。

コロナで入院が出来ずに自宅療養を余儀なくなさるケースが増えています。
自宅療養中の対策として、急変時に備えて、
 血圧、心拍数、酸素飽和度などのバイタルチェック
 保健所や家族との密な連携
が提案されていますが、私自身はぜひサプリメントもお勧めしたいと思います。

コロナに限らず感染症は体力や栄養を消耗しますので、水分だけでなく十分な栄養補給が必要となります。自宅療養者にはカロリー中心のお弁当、保存が効くレトルト食品などが用意されていますが、消耗した状態では到底足りません。
特に発熱時にはタンパク質、ビタミンB群、ビタミンCが必要となり、
クリニックサプリメントでは、プロテイン、グルタミン、NB−X、C1000、ビタミックス、イムノCなどをお勧めします。
コロナはただの風邪ではないかもしれませんが、療養は「栄養を十分とって温かくして寝る」が基本です。

1 2 3 4 5 6 10
株式会社MSS オーソモレキュラー研究会 ambrosia 乳酸菌生成エキス アルベックス

MSSダイレクト